FC2ブログ

小さかろうが、弱かろうが、 私、正しいモノの味方です。

若造共と闘ってきました

9月29日 秋晴れの良き日

愛知県一宮市と岐阜県にまたがった木曽川の
河川敷に光明寺球場と云う施設があり、そこで
20代・30代中心の若造チームと、50代・60代
中心の我がチームが闘いました

結果は火を見るより明らかだけど、後半は一切
トライを許さない鉄壁の守り

若造共は根性がないのう!

お陰様で、左肩を中心に動きません(T_T)
退くも戻すも出来ないのだけど、一矢報いた
ボールコントロールの成せる技を思い知らせて
やりましたわ!
カンラカラカラ・・・

この夜はは、寝返りが出来なかった・・・





ゲームのその後は、ちょっと悲惨です
翌日になると、記憶にない箇所が痛むので、本当のダメー
ジが明らかになります(T_T)
擦過傷はどうでも良いのですが、起き上がる時に脇腹や、
左肩などに激痛が走り、事の真実が見えてきます

特に空気が乾燥してきて、鼻がむずむずして来た時には恐
怖が走ります

『ターゲットスコープ、オープン』

『エネルギー充填、80%』

『全乗組員に告ぐ。対ショック、対閃光防御』

『エネルギー充填、100%』

『波動砲、発射準備』

『エネルギー充填、120%』

『波動砲、発射!』


体中を押さえて、必死にくしゃみに堪えるのです(T_T)

骨が折れない丈夫な身体に生んでくれた母に感謝です
ゞ( ̄∇ ̄;)


対白パンツ


スポンサーサイト



今年は5分

第七回関西惑大会
2012花園1

朝からの雨も上がり、少し寒いながらも晴れてきました。
初日、第一ゲーム。


2012花園2

始まって5分。
右膝半月板損傷にてリタイア。

(T_T)





第七回関西惑大会in花園 4/14(土)・15(日)

お久しブリーフ・・・

はやひでさんの所で、空撃ったギャグは、ここでも良くすべります(T_T)

ところで、第七回は解るにしても、関西惑大会の”惑”ってなんなの?
と云う想定問答に、予めお応えして、、、

そもそも孔子の言葉に「四十にして惑わず」と云う名言があり、ラグビーの
国際レギュレーションにも採用されています。
つまりは、40歳以上のラガーメンの祭典なのです。
昨年も参加して、あまりに楽しかったので、今年も参加させて頂く運びに
なりました。

と云う事で、4月14日(土)・15日(日)の2日間、東大阪市の近鉄花園
ラグビー場で、おじちゃん達が楕円球を追っかけ回していますので、
関西にお住まいの元Lycos仲間の皆様、どうしてもお暇な場合は、
のぞきに来てみては如何でしょう。
もちろん、入場、観戦は無料です。当たり前です。お金を取れるほどの
ゲームではありません。

念のために、レギュレーションをご紹介致しておきます。

40歳代 白or黒パンツ
50歳代 紺パンツ
60歳代 赤パンツ
70歳代 黄パンツ

なんと!
70歳代チームが3チーム、60歳代チームが8チームも参加します。

私は6チーム参加する紺パンツリーグで、2日間楽しんで来ます。



「花園」に行ってきました!

行って来ました!花園”惑”大会。
青少年の憧れ『花園ラグビー場』。
当初、30チーム出場予定でしたが、東日本震災のために
お医者さんを始め、数チームが出場をキャンセルし、現地に
向かいました。"One for All, All for One."を旨とする
ラガーメンとして、誇らしく思います。

さて、今回は我々単独ではの出場ではなく、東海地区の
東惑倶楽部、岐阜惑々クラブ、三重惑惑クラブ、ハリマオの
混成チームで、その名も『東海連合』・・・
ちょっと筋張ったネーミングは気になるものの、オッサン達の
やんちゃな2日間、たっぷり楽しんで参りました。



4月16日(土)は、大会スタートの第一試合から4ゲーム。
4月17日(日)は、第一試合から4ゲーム。死ぬほど楽しめました。


1日目、若造組(白パンツ)チームで出場した鈴村くんが2トライ
山地くんが、1トライ。
そして、我らが”リーサルウェポン”川村大介氏が敵陣22m当たりで
ディフェンスラインを鋭く切り裂いてのナイストライ!
これに味を占めた氏は、5分後に訪れた似たようなチャンス到来に
舞い上がり、今回は右タッチラインにナイストライ・・・(T_T)

天網恢々疎にして漏らさず


一日目の夜は、参加26チームが参加しての懇親会が開催されました。
天然芝育成のため、水分補給もままならないオッサン達の喉は、
すでに極限状態。開会直前には、皆んなの心が一つになりました。
「早う、ビール飲ませい!」

ゲストの元日本代表ロックの林俊之氏と記念撮影


坂口先輩、A.マコーミック氏とマブダチ状態

二日目も朝イチから元気に二日酔いに立ち向かうおじさん達
モール・ラックが酒臭いのなんのって・・・


カメラも追いつかない程の堀部氏の独走→インゴールノックオン(T_T)
惜しかったね、堀部ちゃん。フォローに行って無くてゴメンナサイ。


二日酔いを乗り越えて、否、二日酔いだからこその森氏のステップ。

2日目のヒーローは、木野キャプテン。最後のゲームで花園記念の
トライ!
直前にタックルを食らった際に、魔法の水が来るまで倒れた振りで
体力を温存。腹黒い駆け引きで得た貴重なトライでした。
最後の最後までお疲れ様でした。

兎に角、死ぬほど楽しい2日間。
今回の場所を提供頂いた関西ラグビー協会、楽しく安全に大会を運営
頂いた幹事チームの参丁目バーバリアンズ、かわちのラガー、
かわちコットンズ、境RS、The Gentlemen R.F.C.の皆様に、
最大の謝辞を送ります。

※迫力の写真はPicasa web Albumでご覧頂けます。



One for All, All for One

ハリマオ創設メンバーの一人「三輪弘光」さんが福島第一原発の放水活動
のため、現地に派遣される事になりました。大変危険な作業ですが、一人
の部下も傷つくことなく、無事の帰郷を祈念します!

三輪さん、ハリマオR.F.C.は、派遣隊の皆様の任務成功を信じています!

以下、市政ウォッチの記事を転載します。

隊員ら34人派遣

名古屋市消防局は25日、福島第1原発で放水活動に当たらせるため、特殊消防隊(ハイパーレスキュー)の隊員ら34人を派遣した。消防庁から要請され、高さ22メートルから放水できる「屈折放水塔車」など特殊車両6台を投入する。28日まで現地で活動する予定。

同原発では24日、3号機のタービン建屋内で作業員らが被ばくし、2人が病院に搬送された。市公館で行われた出発式で、隊長を務める三輪弘光消防部長は「困難な活動も予想されるが、懸命に活動し、誰一人欠けることなく帰って来ます」と決意を述べた。

隊員たちは3日間、放射線測定機器や防護衣の取り扱いなどの訓練を積んだ。隊員の光本慎一さん(39)は「派遣されると聞いて妻は泣いた。断ることもできたが、代わりに若い隊員が行くのはどうかと思い、決心した。無事任務を果たして帰ってくる」と話していた。

東日本大震災:福島第1原発事故 名古屋市消防局、放水活動に隊員ら派遣 /愛知 – 毎日jp(毎日新聞)

http://mainichi.jp/area/aichi/news/20110326ddlk23040309000c.html


  次のページ >>